MENU

看護師の役割ってなんですか?

 

看護師の役割については皆さんにはどの様に考えておりますでしょうか?私も看護師になる事でいろんな場面に遭遇する事にもなってくるものでした。

 

それに関しては現場で出る事でしみじみと感じる部分が強く出るものでした。それに、看護師になってからは「患者さん」がメインにもなってくると思うものですが、それ以外にも他のスタッフとの繋がりにもなって来るようにも感じるものでした。

 

最初に勤務した病院でも「看護師」がいろんな場面においても関わりにもなってくるものでした。この勤務した病院では「看護師」がカギとなってくる事もしばしばと感じるものでした。

 

それに、新卒で療養型に勤務する事で感じる事もあるのです。現場を知らずに入職する事で分らない事ばかりにもなってくるものですが上司からは「白い眼」をされてしまう事もあるのです。

 

この当時の私は看護師と言えば「健康状態」の把握がメインにもなってくるものですが、新卒で入職する時点では感じれなくなってしまう部分もあるのでした。

 

ですが、現場を知らないで入職すると雰囲気に呑まれてくるような感覚にもなってくるものでした。私自身も看護師になってから「恐怖」にも感じるものでした。最初の頃は「慣れる」と言う点でしかないものでした。ですが、この看護師の役割についてこの時には「何だろう」と言う感覚でしかないものでした。

 

ですが、転職を繰り返す事で看護師の役割についてを考える事にも繋がってくるものでした。

 

一見「答え」が見つかりにくい感覚にもなってくるものですが、看護師に関しては「健康」だけではなくいろんな面について考えながら業務にも繋げていければ良いのではないかと感じるものです。

 

これから看護師を目指す方においては役割についても考えるキッカケにもなってくるものではないかと感じるものです。最初の内はなかなか分りにくいかもしれませんが役割については現場でいろんな形で見えてくるものではないかと思います。

施設における看護師の役割

 

施設においても看護師の役割はかなり大きいのでは無いかと感じます。施設においてもかなりの種類があるのでは無いかと思います。しかし、看護師においてはかなり重要にもなってくるのでは無いかと思います。

 

私が施設で勤務した時に感じた事を元に書きたいと思います。皆さんには施設での看護師についての役割に関してどの様になってくると思いますか?

 

最初に施設勤務をする事で実感するのは「看護師」が重要にもなってくる場面にもなってくるものです。この施設での体制には「医師の変わり」でもあるものでした。やはり、いろんな施設での状況を聞く事で納得させられる部分にもなってくるものでした。

 

この時の私は施設での勤務は初めてでもあるので何をしたら良いのか分らない事ばかりにもなっている為に毎日が手探り状態でもあるものです。

 

ですが、看護師の役割について見つめてくると利用者の健康状態を知る事だけではなくいろんな面について行わなければならない事にもなってくるものでした。

 

最初は看護業務をする事で精一杯でもあるものでしたが、慣れる事で介護業務にも出来る様にもなってくるものでした。

 

施設において看護師の役割についてはいろんな面において呼ばれたりする事で時間にも追われる事がしばしばあるものでした。私自身も最初の頃は毎日が残業ばかりにもなってくるものでした。

 

施設での勤務は主に「高齢者」がメインにもなってくるものですが、慣れて来る事でやりがいにもなってくる場面にもなってくるものではないかと思います。これからの医療を取り巻く環境の中でこの施設にも重要な場所にもなってくるものではないかと思います。

 

施設に関してはいろんな場所があるものですので自分が勤務しやすい場所を探さなければいけないものですが、並大抵の気持ちが無い事には続けにくいものではないかと思うのです。これから施設での勤務を考えている方には「高齢者」に関わる事が好きな方が是非いれば良いのではないかと思います。

看護師の夜勤

 

看護師においては「夜勤」が必ずついてくるものです。夜勤については看護師においてもセットになってくると思う方もしばしば有る様に感じるものです。

 

それに私も看護師になったばかりについても夜勤についてどの様になってくるかがイメージを掴み切れないでいるものでした。

 

ですが、看護師の夜勤についてはその勤務場所にもよって違ってくるものです。一般的なイメージについては看護師の夜勤については一緒とイメージはされやすいものですが勤務する事で多少なりとも違ってくる事にもなってくるものでした。

 

夜勤についてはそれぞれにもよってあるものでした。私が夜勤で経験したのは「精神科」でしたのでまだまだ経験については浅いものですが夜勤をする事で感じた事を書きたいと思います。

 

夜勤については独特の雰囲気はあるものです。その中で日中より少ない人数で業務を行わなければいけない事もあるのでやる事も結構有る様に感じるものではないかと思うのです。

 

中には夜勤については負担に感じる方も少なくはないものですがやりがいもあるものではないかと思います。

 

精神的な負担は結構掛かるものですが、二人で行なう事にもなってくるので協力する事で充実感じるものではないかと感じるものですが、その中では夜勤については看護者が一人で行なう事にもなってくる事にもなるので疲労感もかなり違ってくるものでした。

 

最初の頃はこの夜勤についてはあまり実感しないものでしたが経験をする事で振り返る事にもなってくるものでした。

 

夜勤についてはマイナスな感覚にもなってくるものですが、それ以外にも「給料面」についても加算されたりと良い事にもなるケースもあるものです。

 

ですが、この夜勤についてはこれからもあるのですが、少しでも夜勤に関してある程度の理解にも示しても良いのではないかと思います。

 

私自身も夜勤についてはこれからも勤務を行ってくる事で見えてくる部分があるもので実感する事も多くなってくるものではないかと思います。

看護方式

 

看護師においては勤務場所にもよって「看護方式」があるものです。最初の勤務する場所でこの方式について知る事にもなってくるものですが、初めて聞いた時には「何だろう!?」と言う感覚にもなってくるものでした。

 

最初に勤務した看護方式については「機能別看護方式」と言う事にもなってくるものでした。現場で初めて働く事にもなって来る事で慣れる事まで精神負担もあるものでした。ですが、この機能別については看護者の実力がかなり出てしまう事にもなってくるものではないかと思います。

 

では、機能別看護はどの様な形であると思いますか?この機能別については字の通りでもあるのです。その日の勤務で看護者の役割について決まってくるものです。最初の頃はこの機能別についてはただ熟す事でしかないものでした。

 

最初の頃にはこの機能別についてはかなり嫌にもなってくるものでした。同じ様な業務ばかりと言う感覚にもなってくるのでこの時は辛いものでした。

 

それから「チーム方式」と言う看護方式に経験する事にもなってくるものでした。これは現在勤務している病院で行なってくるものです。最初の頃はこの方式についてはかなり好感触にもなってくるものでした。

 

看護師は一人で行なってくるようにも感じるものですが、この方式については看護者全員で行なう事にもなってくるもので力強くも感じるものでした。それに、私自身も足りない部分を補ってくる部分にもなってくるものです。

 

看護方式については看護者には重要な部分にもなってくるものではないかと思います。看護方式については総合病院などいろんな場所にもよって違ってくるのです。しかし、患者さんの為に何が良いのかを考えさせられる事にもなってくるものではないかと思います。

 

今後看護師になろうとする方においてはこの看護方式に関してもある程度は理解していきながら業務にも望んでいければいいのではないかと思います。なかなか掴むまで時間は掛かるかもしれませんが自分なりにあっていかなければならないものではないかと思います。

看護記録

 

看護師においては「記録」がメインにもなってくるものでしたが、最初の内はなかなか慣れない事でもあるので大変にもなってくるものでした。

 

最初の頃はこの看護記録については関わる事はないものでした。それに機能別看護と言う事もあって「処置」など外回りの業務ばかりにもなっていたのでこの記録まではいかないものでした。

 

ですが、転職を繰り返す事でこの看護記録については考えて来るようにもなってくるものでした。一見この看護記録については難しいようにも感じるものですが、経験を重ねる事で見えてくる部分もあるものでした。

 

それに、総合病院などではこの記録方式についても書き方があったりするものです。しかし、私自身もこの方式については分らないものでもあるように思うのでした。

 

私がこの看護記録については患者さんの状態がいかに分かるかがカギにもなってくるものではないかと思います。しかし、勤務する場所によってはいろんな方法がある事で大変にもなってくるものではないかと思います。

 

看護学生時代にはこの記録についても何度か講義の中にはあるものですがあまり印象にも残らないものでした。ですが、現場で働く事で苦労もなってくるものでした。

 

現場にて働く様になってからはこの看護記録については知る様にもなってくるものでしたがこれからも記録に関しては考えさせられる事にもなってくるものでした。

 

これから看護師を目指そうとする方にはこの記録にしても一つのやり方がカギにもなってくるものです。なかなか時間に追われる事ばかりにもなってくるものですので理解するまだ時間も掛かるものではないかと思います。

 

私自身もこの記録についてはまだまだどの様にすれば良いのかを手さぐりではあるものですが学んでいければ良いのではないかと思います。

 

それに、看護師を目指す上でこの記録についてもいろんな形で学んでいければ良いのではないかと思います。それに記録についてもこれからは変わって来る事にもなってくるのではないかと感じるものでした。

ストレス

 

看護師においては「ストレス」がかなり溜まって来る職業でもあるものです。その為に「体調変化」にも有る様にもなってくるものでした。

 

やはり、看護師においても人間ですのでその日によって体調変化にもあるものでかなり変わってくるものでした。私自身も看護師として勤務する様になって来る事で実感出来る様にもなるものでした。

 

看護師は「患者さん」「医師」などいろんな方々の間で行なう事にもなってくるので「ストレス」にもさらしやすい事にもなってくるものです。私自身も最初の内は一生懸命過ぎる位に「真っ直ぐな気持ち」でもあるものでした。

 

その為に看護師間でも上手く馴染めなかったりする事になるケースにも多数あるものでしたし、体調にも変化をくる事にもなってくるものでした。この時の私自身は一人暮らしと言う事にもなっていたので「ストレス」を溜めこむ毎日でもあるものでした。

 

看護師になる前にはこのストレスに関して、あまり深くは考えない事にもなってくるものでしたが、実際に勤務する事で考え方にも一遍する事にもなってくるものでした。

 

現場内でも看護師でのストレスは計り知れないかもしれません。一概にこのストレスに関しては言えない部分もあるものです。看護師になろうとする方に関してはストレスを上手くコントロールしていかなければならないものではないかと感じるばかりでもあるものです。

 

ですが、最近になってこのストレスに関しては自分自身でのコントロールが出来る様にもなってくるものでした。そこまでの道のりに関してはかなり苦労もするものでした。

 

「看護」については自身の心と向き合う事にも繋がって来るものではないかと感じるばかりにもなって来るように感じるものです。

 

なかなか見えないばかりにも感じる様にも思えるものです。ですが、この「ストレス」のコントロールにも上手く行く事で自身の成長にも繋がっていければ良いのではないかと思います。

 

このストレスに関しては私自身もこれから考えて行かなければならない事でも有る様に感じるものでした。

スタッフ間におけるコミュニケーション

 

看護師間ではコミュニケーションにも重要な部分にもなってくるのではないかと思います。私自身もこのコミュニケーションについては考えさせられる部分も強くなってくるものでないかと思いました。

 

最初に勤務した時より感じていたのではあるものですが、なかなか出来ないでいたのでした。やはり最初の時には新卒と言う事もあり緊張ばかりでもあるものでした。それに伴い周囲のスタッフの方にも気を使う事ばかりにもなってくるものでした。

 

ですが、意識する様になってもなかなか行動に出にくいばかりでもあるものでした。その雰囲気にも感じ取られてしまう感覚にもなるものでした。

 

私自身もこの後に転職をする事で考え方にも一新させられる事にもなってくるものでした。この時に考えるのは「自分から話して行く」と決めたのです。

 

一見すれば「普通では?」と思うかもしれませんが、この時に感じていたのはこの基本的な所に視点を置く事にもなって来る事で自身の気持ちにも区切りがつくようにもなってくるものでした。

 

そこからはスタッフ間のコミュニケーションについては出来る限り行うようにもなってくるもので自分の気持ちにも少しずつ晴れて来るようにもなってくるのです。

 

このコミュニケーションについては何気ない事ばかりにもなって来るようにも感じるものですが業務を行う上では必要不可欠な場面にもなってくるものではないかと思うものでした。これから看護師を目指す方に関しては「とにかく話す」が重要にもなってくるものではないかと思います。

 

新卒で入ってくると先輩看護師達にもいろんな意味で気疲れをしてしまう事が多くなってしまう展開ばかりにもなってくるものではないかと感じるものです。私も看護師を継続しているものですが、この時に決めたコミュニケーションについては今でも継続して行っております。

 

なかなか出来そうにない事ばかりにもなって来るようにも感じるものですが意識しないとやはり目標にも届かなくなってくるものではないかと思うのでした。

看護師における転職

 

看護師では「転職」が付いてくるものではないかと思います。必ずしも一つの所で勤務している方もいないものではないかと思います。

 

私自身も転職については何度か経験した事があるものです。やはり、この転職については看護師をしていくうちに経験は絶対にあるものではないかと感じるものではないかと思います。

 

看護師は「女性」が多いので「結婚」「引っ越し」などで転職については確実にあるものではないかと思います。それに伴う事で転職を余儀なくする事も少なからずあるものではないかと思うのです。

 

では、この転職については何故行なうと思いますか?理由に関してはその人それぞれにもよって違いは有る様にも感じるものです。私自身もこの転職に関しては何度かあるものですがそれぞれ理由はあるものでした。

 

転職については様々な考え方にもよってくるものではないかと思います。それに、この転職については賛否両論があってくるものでした。私自身もこの転職をする度に意見については聞かれる事にもなってくるものでした。

 

なかなかの理由でない限り転職はしない事にもなってくるものですが、看護師として勤務する為には必要不可欠にもなってくるものではないかと私は思うのですがその看護師にもよって違ってくるものです。

 

一概には言えない所もあるのですが、転職に関しては「スキルアップ」にもなってくるものではないかと思う部分にもなってくるものではないかと感じるものです。

 

今後もこの転職については必ずついてくるものではないかと思います。いろんな方がこの転職については考えてくるものではないかと思うのですが、よく考えた上で行なう様にもしなければいけないものではないかと感じるものでした。

 

ですが、転職についても経験をした方に話を聞く事も一つの大事な事にもなってくるものではないかと思うのです。看護師に関しては転職はこれからもどの様になってくるかがカギにもなってくるものではないかと感じるものでした。

 

看護師においての信頼関係

 

看護師は信頼関係で成り立っている様な感覚にもなってくるものではないかと感じるものです。私が最初に勤務した頃には何となくと言う感覚にしか感じなかったのですが勤務を重ねて行く事で実感出来る部分にもなってくるのでした。

 

私は新卒で勤務した病院ではこの事に関してはあまり意識しない事ばかりにもなってくるものでしたがあまり馴染んでいない事もあってか「孤立」してしまう事にもなっていました。

 

そこから転職を繰り返す事でこの意味合いにも考える事もなってくるのでした。

 

看護師は毎日の業務の中でも「一言」や「コミュニケーション」など細かな部分にもよって繋がって来るものですが時には違った事で関係も壊れてしまう事にも繋がって来る事もあるものでした。

 

これに関しては一概には言えない事もあるものですが、経験を重ねる事で感じる部分があるものでした。

 

看護師においてもいろんなタイプの方がいるので、様々な形で見て来るのですがやはり考えを通してしまう人に関してはなかなか難しくなって来る事もしばしばあるものでした。

 

それに、看護師の特徴としてはチーム内に溶け込めないと孤立したりといろんな形で難しい様にも思うのです。信頼関係と記載されているのですが、私自身もこのキーワードにまだまだ業務のなかで感じながら行っていくしかないものではないかと思います。

 

なかなか職業的にも見えてこない事にも感じるかもしれませんがいかにチーム内に入り込んでいけるかもカギになってくるものではないかと思うのでした。今後もこの信頼関係についてはどの様になってくるかが私自身もいろんな看護師を見ながらどの様になってくるかもカギになってくるのではないかと思います。

 

これから看護師になろうとする方に関してはこのキーワードに関して常に考え込んでしまう事にもなってくるものではないかと感じるものではないかと思います。しかし、自分自身の為になって来る事が大きい事にもなって来るようにも思うのでした。

看護師における手技

 

看護師においては「手技」があるのですが、最初の頃はなかなか覚えるまで時間も掛かるものでした。看護学生になってくる事で一つずつ覚える事にもなるものです。

 

最初の手技においては「ベッドメーキング」から始まるのですが、慣れない事ばかりでもあるので一苦労するものでした。

 

そこから、実技の講義には何度か練習をするのですが上手くいかなくて何度も練習をしたのは今でも記憶に残っているものです。それにクラスメイトの方も何人か残って練習もするものでした。

 

それから、テストをするのですが結構細かい部分にも注意しなければいけないものでした。このベッドメーキングにおいては基本的な部分にもなってくるので患者さんが如何に過ごしやすくする為かをイメージするかがポイントにもなるものでした。

 

ですが、この学校で学んだ手技においては基本的な部分にしかならないものかと感じるものでした。それに、多くは現場で働く様になってから学んでくるケースもしばしば感じるものでした。

 

私自身もこの手技においては現場で学ぶ事ばかりにもなってくるのでした。その為にもなかなか手技においてはチャンスがないことには覚えるキッカケにもならないものかと感じるばかりにもなってくるのです。

 

手技に関しては毎日の現場内でもいろんなチャンスが巡ってくるものではないかと思うのですがその勤務する科にもよってこのチャンスにも違いはあっても良いのではないかと思います。

 

医療現場においてはこの手技には一概には言えない部分もあるものではないかと感じるものです。やはり、その科目によってはいろいろと違ってくるので何とも言えない部分にもなってくるものではないかと思います。

 

私自身もこの手技に関してもなかなか学べるチャンスがあっても自分の物に出来ない時にも何度かあるものでした。

 

その為に今後は出来る限り取得出来る様にしなければいけないようにも感じるものでした。手技に関しては毎日が進歩している様にも思うので貪欲になっていければ良いのではないかと思います。